中津川市の保育園は坂本さくら保育園

保育について

坂本さくら保育園ならではの取り組みをご紹介します。
子どもたちが経験から学ぶ力を信じ、様々なことにチャレンジすることで、自信と興味に繋がる保育を心がけています。また、ご家庭ではなかなかできない経験を園でカバーできるよう、日々工夫をこらしてカリキュラムを設定しています。

体育ローテーション

天気の良い日は、出来るだけ園庭での活動を心がけています。跳び箱・平均台・鉄棒・園庭でのマラソン等をします。
体力をつけるとともに、朝から体を動かすことで頭がスッキリし集中力が増します。

カード遊び

国旗・動物・植物・果物などのカードを使った遊びに取り組んでいます。
事柄そのものを記憶するのが目的ではなく、まず『目で見て、知る』ことをきっかけに、文字、言葉、数に興味を持つことが目的です。同時に集中力も身につきます。

和太鼓や器楽演奏

和太鼓や器楽演奏にしたしみ、運動会や生活発表会などの行事で発表の場を作ることで、友達と作品を作っていく楽しさを味わえます。
友達に合わせること、徐々にカタチになっていく喜び、うまく行かない時のくやしさ、そこからの頑張り方を子どもたち自身で学んでいけるよう、サポートしています。

栄養士さんによる食育

食の大切さや仕組みを園の栄養士が子どもたちにわかりやすく教えます。
赤色・黄色・青色で分けられる食べ物の栄養とそれぞれの役割、口に入れてからうんちになるまでのプロセスなど。
箱の中に入れた食べ物を触って当てる、ジュース中に含まれる砂糖の量を見せるなど、ゲームを交えて楽しく指導しています。

畑での野菜づくり

畑での収穫までの過程を、出来る限り種や苗を植えるところから経験させています。
土に触り、自然を体で感じる事は、情操教育にとても良いだけでなく、自ら植えた野菜を収穫する喜び、食べ物への感謝の心を育んでいます。

募集