中津川市の保育園は坂本さくら保育園 中津川市の保育園は坂本さくら保育園

産休・育休が明けたら仕事をしたい。
安心して預けられて子どものためにもなる保育園を選びたい。
そんな想いに応えるため、坂本に新たな育みの場を開設します。
私たちの考える保育とは、「お子さんの好奇心の芽を育て、
お子さん自身が持っている可能性を伸ばす」こと。
お母さんが安心して仕事ができるよう、子育てをサポートします。

坂本さくら保育園

知(知的活動)情(情緒的活動)体(体育的活動)の3本柱を軸に、子どもたちが心身ともにたくましく、健康に育ってほしいと願いながら日々保育に取り組んでいます。

外遊びを推奨しています

どろんこ遊びやプール、ローテーションでの体育あそび等、積極的に屋外での活動をしています。明るい太陽の下、生き生きのびのびと遊ばせ、子どもの心と体を育んでいます。

尊敬と思いやりの心を育てる

地域のお年寄りとのふれ合いを通して、世代間の心の交流や昔のわらべ歌や手遊びなどの伝承、お年寄りを尊敬しいたわる心を育てます。

安全に対する最大限の配慮

園内はあらゆる事故の危険から子どもたちを守れるよう配慮されています。また、災害時や万一の事故の際も、提携の医療施設への連絡や搬送など、迅速に対応できるようマニュアル化されています。

園内調理の出来立ての給食

給食は園内の厨房で調理しています。安全な食材を使用し、栄養が計算された給食をあたたかいまま子どもたちに届けます。愛情のこもった給食は、子どもたちの食育にとってもたくさんの恩恵をもたらしてくれます。

体験を通して培われる人間力

他にも、集団での歌やお遊戯、創造力を育てるお絵描きや製作、知力を高めるカード遊びや絵本の読み聞かせをなど、様々な遊びやかかわり、学びの体験を通して人間力を育てます。

募集